本庄東高等学校附属中学校

国際理解教育

「日本」を通して、世界へのまなざしを育てます。

これからの国際社会を生きる第一歩は、日本人としての確固たる主体をつくることです。自国の文化や伝統をしっかりと培ったうえで、世界中の人々とのコミュニケーションに必要な英語を学習していくことが、小林学園の目指す真の国際理解です。

日本の文化・伝統に触れる体験

  • 茶道特別体験
  • 和楽器体験
  • 大相撲観戦

京都・奈良研修 2年次

日本の文化と伝統が息づく古都を訪ねて。

  • 知恩院
  • 京都 班別自主見学
  • 能体験

二千年にわたり受け継がれてきた日本の文化・歴史を体験します。京都自主見学中の訪問先は生徒たち自身が決定し、グループごとに文化や歴史を調査します。

英語圏の文化・伝統に触れる体験

  • 英語でクッキング
  • 英語でラッピング
  • オーストラリア語学研修

国際社会の基本言語である英語を徹底的に身につける語学教育はもちろん、日常生活の中で英語圏の文化や歴史にふれ、理解することで、将来直面する国際的シチュエーションに柔軟に対応できることを目標としています。本校ではネイティブティーチャーを学校生活の各場面に採用することにより、異文化への理解を深め、将来の国際社会に役立てる人材を育成しています。

主な取り組み

  • 校内
    • 英語特別講座(英語でクッキング・英語でラッピング・英語でダイレクション)
    • 洋書講読
    • 英検受験対策講座
    • GTEC対策講座
  • 校外
    • 校外研修(TOKYO GLOBAL GATEWAY・1年次)
    • オーストラリア語学研修(希望者)
    • オーストラリア修学旅行(3年次)

オーストラリア修学旅行 3年次

「あの海の色が忘れられない。」美しく雄大な自然や異文化を体験。

  • パロネラパーク
  • アボリジニダンスショー
  • ワラビーと一緒に

国際理解教育の集大成として、オーストラリアへの修学旅行が行われます。さまざまな場面でのコミュニケーションを実地体験し、外国の文化や自然に触れることで、国際社会への関心を深めます。

  • 先輩からのメッセージ

    田野 優月さん
    (本庄市立本庄西小)

    能舞台の広い空間にびっくりしました

    京都・奈良校外研修では、普段の生活と大きく違う体験をしました。能や写経体験、班別行動といろいろありますが、その中で特に印象に残ったのが能体験です。僕は、能を見たことがなかったので、「能鑑賞」と聞いてもイメージすることができませんでした。事前学習で少しは理解したつもりでしたが、実際に舞台を目にした時は広い空間にびっくりしました。能の先生のお話は大変興味深いものばかりで、「幽霊や侍がメインのお話が多い」というのが、特に印象に残っています。この研修では、自国の素晴らしい文化を知り、触れることのことの大切さを感じることができました。

  • 先輩からのメッセージ

    礒田 虹太さん
    (高崎市立浜尻小)

    言語知識だけでなく積極性が問われる

    オーストラリア語学研修は「コミュニケーションとは何か」と自分自身に問い直す、良い機会になったと思います。学校生活で最も印象に残ったのは、文化の違いです。姉妹校のA.B.パターソン校では、10時半に「morning tea」という休憩時間があり、この時間には軽食もとれるため、昼食を2回食べているようでとても新鮮でした。苦労したのは、英語だけの環境で自分の気持ちを伝えることの難しさです。しかし、身振り手振りを用いて何とか伝えようとすると、相手も懸命に理解してくれ、意思疎通を図ることができました。これらの経験から私は「言語知識だけでなく積極性がより大切である」と考えました。異なる言語や文化であっても、同じ人間としてその根底にあるものは変わらないと私はこの研修で痛感しました。