本庄東高等学校

国際理解教育

国際感覚を身に付け、世界を近くに感じる。

国際化が進む現代にあって、次世代を担う生徒たちは、広い視野と豊かなコミュニケーション能力が必要とされています。異なる文化を実際に体験し、「生きた英語」に触れることで、「世界」が身近なものになってきます。

カナダ修学旅行

  • カナダ修学旅行
  • カナダ修学旅行
  • カナダ修学旅行
  • カナダ修学旅行
  • カナダ修学旅行
  • カナダ修学旅行

2年生の修学旅行では、10月に4泊6日の予定でカナダへ出かけます。訪れるのは、美しい町並みのバンクーバー、英国の香り漂うビクトリアなど。雄大な自然を満喫しながら生きた英語に触れ、国際的なマナーも学んでいきます。生徒の自主性を重んじた自主研修の時間が設けられているのも、本校ならではの特色です。

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

鳥羽 那央さん
(鴻巣市立吹上中学校出身)

Enjoy making mistakes

私はカナダ修学旅行の中で、現地の方々とたくさん交流し、コミュニケーションがいかに大切であるかについて学びました。普段私たちは英文法を理解する授業が多いため、英語で会話をすることは本当に貴重な機会であったと思います。カナダの人々はとても親切で、私の拙い英語でも一生懸命、理解してくれました。言葉だけでは上手く伝わらなかった場合は、ジェスチャーで表現し、通じ合えた時は、これまでにない嬉しさを感じました。私は、現地の人にインタビューをするうちに英会話にも次第に自信を持てるようになりました。彼らは日本の文化や情勢も知っていて、私も国際理解を深めていくためには、より一層、世界に目を向けていく必要があると感じました。この機会を無駄にしないように、今後の進路にも修学旅行の経験を活かしていきたいです。

オーストラリア語学研修

  • オーストラリア語学研修
  • オーストラリア語学研修

夏休み中の2週間、希望者を募ってオーストラリアへ。本校と姉妹校のA.B.パターソン・カレッジでの授業に参加して、語学研修を行います。期間中はバディの家庭にホームステイするため、日常生活の中でオーストラリアの文化や習慣を体験。学校と家庭、それぞれの場で、英語の力を身に付けていきます。

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

鈴木 古都さん
(群馬大学教育学部附属中学校出身)

自分の可能性を広げられた語学研修

「帰りたい」、「寂しい」、「もどかしい」、「楽しい」、「帰りたくない」、「ありがとう」。私はこの語学研修でたくさんの感情を抱きました。ホームステイ初日、自分の英語が伝わらず、聞き取ることもできず、「帰りたい」と友人や家族を思い出して涙したり、思うように会話ができない「もどかしさ」で一杯でした。しかし、ホストファミリーと共に毎日を過ごすうちに、だんだん会話もできるようになり、「楽しい」、「嬉しい」と感じられるようになりました。最終日には、涙が溢れ出てきました。この涙は初日とは違う「帰りたくない」と「ありがとう」、そしてホストファミリーを想う涙でした。少しでも海外に興味のある人や、自分の可能性を広げたいと思っている人。ぜひ、この語学研修に参加してみてください。挑戦した経験はきっと将来の大きな糧になると思います。皆さんが自分の手で、自らのチャンスを広げていくことを期待しています。