本庄東高等学校附属中学校

附属中学校の教育

自分で考え判断できる、知と心を備えた聡明な21世紀のリーダーを育成します。

自分のまわりのあらゆる人や物に対して、素直な気持ちで向き合ってみる。すべての物語はそこから始まります。「素直な心」は、「感謝」の気持ちと「謙虚」な姿勢を生み出し、さらには「学ぶ心」を育てます。この「学ぶ心」があれば、「学力」はおのずと向上していくのです。6年間の一貫教育を通してこれを体現していく生徒たちは、豊かな人間性と確かな知性を身につけて、それぞれの未来へとはばたきます。

5つのポイント

1.心の教育

素直感謝謙虚をキーワードとした心の教育を学びの基礎として位置づけ、すべての人や物から学ぶ心を育てます。規則正しく落ち着いた生活習慣を確立し、「当たり前のこと」をしっかりとできる生活態度を養います。

2.6年間一貫教育

中高一貫のカリキュラムによって、高い学力を早期に養成し、各自のライフプラン実現に結びつく進路選択を可能にします。放課後小テスト、朝面談、サポートタイム、補習(週2日)、三者面談、学級報告会(各学期)などで学習をサポート。

3.ライフプランニングとしての進路指導

キャリア・ガイダンスの継続により、各自の興味・関心を引き出し、各自の持っている可能性に自身で気づくためのサポートを行います。中高の6年間を3つの段階に分け、自己発見と職業観育成(中学1・2年次)、希望進路を見つける大学研究(中学3年・高校1年次)、目標実現に向けた進学プランづくり(高校2・3年次)を展開。

4.国際理解教育

国際理解教育を通して、世界を舞台に活躍できるワールド・ワイドな人材を育てます。国際理解の前提として自国の文化と伝統を理解するとともに、海外、とくに英語圏の文化と伝統を学ぶための特別講座や校外研修を実施。

5.知的作業能力の育成

知的作業能力の育成を図り、自分自身の力で物事について考え、物事の本質に迫ることのできる知性に満ちた人間力を育みます。知的好奇心を呼び起こし、深い学びに結びつけさせるために、校内、校外におけるさまざまな体験の機会を設けています。

現代社会を生き抜く「人間力」を醸成

人間力
  • 考える力
    ジグソー学習やディベート、ワークショップなどを通じて、生徒の「主体的に考える力」を養います。
  • 学内外での体験
    各種の研修や行事などを通じて、知識の詰め込みだけでは得られない柔軟な対応力を養います。
  • 学ぶ意欲
    実験や調べ学習、発表学習などを通じて、成果を出したときの達成感を高め、学ぶ意欲を養います。
  • 知識
    質の高い授業を通じて、大学受験まで使える知識の定着を図ります。

プルーラル・アクティビティ(多元的学習活動)

「平面的」学習から「立体的」学習へ
世界は絶えず変化を続けています。単なる知識の詰め込みである「平面的」学習では、この変化に対応することは難しいと考えます。本校では、基礎力を養う講義形式の学習活動を土台に、グループディスカッション、ディベートなどのアクティブ・ラーニングを含めて、さまざまな角度から「立体的」に問題へとアプローチする【多元的学習活動】を実施していきます。