本庄東高等学校附属中学校 学校案内2020
8/20

土社会金英語(文法)音楽/美術(隔週で)木理科水英語(文法)国語火数学(幾何)社会月1限目国語2限目英語(文法)3限目理科(第1分野)4限目技術家庭理科5限目数学(代数)(第2分野)6限目保健体育国語道徳7限目カリキュラムの特色補習についてクラス編成についてこれまでの暗記・詰め込み型の学習から、クリエイティブな発想を重視する時代が訪れました。そして大学全入時代の今、真の学問探究の場としての国立大学の価値が見直されています。豊かな創造性、応用力を身につけるため、中学・高校を通して幅広く深い学習を行うのが特進一貫コースです。6年間で学習する内容を整理・融合し、無駄と無理を排したカリキュラムによって、学問の基礎となる幅広い知識とものの考え方を習得していきます。これによって医学部を含む国立大学入試にも万全の準備を整えることができます。学習自分で考え判断できる、知と心を備えた聡明な21世紀のリーダーを育成。目標は、東京大学・京都大学・東北大学・東京工業大学・一橋大学など難関国立大学、国立大学医学部への合格。時間割例(1年次)HONJO HIGASHIHONJO HIGASHI(現代文分野)(地理的分野)総合的な(現代文分野)(第1分野)(現代文分野)(地理的分野)(現代文分野)(第2分野)数学(幾何)国語(家庭分野)美術保健体育社会技術家庭(技術分野)音楽総合的な英語(文法)学級活動数学(代数)国語理科学習数学(代数)(地理的分野)(文法)数学(幾何)(現代文分野)保健体育英語0701主要教科では、中2までに公立中3年分の時間を設定し、十分に時間をかけながら「なぜ」を大切にした授業を展開します。6年間を見通したカリキュラムによって、高2までに大学入試に必要な内容がほぼ終了します。また、高2からは文系と理系に分かれますが、どちらも5教科を総合した知識の習得と入試演習によって、オールマイティな学力を身につけます。02理解度の定着を図るために、年間を通じて実施しています。火・木の放課後を利用した学力別クラス編成の補習に加え、夏季休業中など、必要に応じて随時実施しています。また、質問カードによる個別対応のほか、始業前や休み時間などに、いつでも教科の質問ができる体制を用意しています。03原則として1クラスは30名とし、習熟度別に編成しています。基本的な授業進度は同じですが、クラスの状況、理解度を確認しながら進めます。特進一貫コースでは、原則として全員が附属中での「中学課程」から本庄東高校の「高校課程」へと進学します。他の中学校から本庄東高等学校に入学する生徒とは3年間とも別のクラス編成です。コース概要コース紹介万全のカリキュラムで難関大学合格をサポート特進一貫コース

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る